Featured |

International

スイスのJVが医療用大麻を初輸入

2022年8月1日、スイスの医療用大麻に関する法改正に基づき、大麻は連邦公衆衛生局の許可を必要とせず、医療用処方箋による薬用として認可されたとともに、医療用大麻製品の輸出入に関する法的枠組みが構築された。

麻薬取り扱いライセンスを有するスイスメディック社と、医療用大麻製品製造メーカーであるアストラサナ・ホールディング株式会社が今回戦略的パートナーシップにより合弁会社を設立。医療用大麻の輸入が初めて可能になった。

 関連記事「多くのスイス薬局が医療用大麻の取り扱いを望んでいる」

アストラサナ・ホールディング株式会社はスイス・チューリッヒを拠点とし、チェコ共和国、ドイツ、日本でも事業展開している。アストラサナ・グループは、医療用大麻の栽培、加工、流通に力を入れており、最近、スイスの製薬会社Solumedics社とパートナーシップを結んだ。両社は現在、スイスの薬局、病院、介護施設向けに医療用大麻を輸入している。

アストラサナ・ホールディング株式会社イブ・アントニアッツィ代表取締役は、ソルメディクス者との協力関係には、パートナーシップの前提条件がすべて揃っていると考えている。

„私たちはウィンウィンの状況にあります。スイスにおける医療用大麻の法改正は、私たちのような下準備を以前から整えていた熱心な企業にとって好条件を生み出しました。そして今、私たちはジョイントベンチャーという形で、大麻草という植物の栽培から患者のケアに至るまで、多方面からビジネスを行うことが可能になりました。ソルメディックス社は、持続可能な生産による高品質の原料を提供するため、独自の顧客ネットワークに加え、豊富なノウハウを提供しています。ソルメディックス社が医療用大麻の輸入許可ライセンスを取得したことで、私たちジョイントベンチャー企業は大きな第一歩を踏み出しました。“



ソルメディックス株式会社リノ・レフラー代表取締役も、アストラサナ社との協力を待ち望んでいた。

„製薬メーカーとしての経験を持つ私たちは、高品質な原料に付加価値を付け、新たな医薬品に加工することができます。医療用大麻は、医薬品としてその有効性に確証と信頼を持つことが重要だと考えていました。私たちは今、アストラサナ社とともに、医療用大麻という希望に満ちた市場に進出するこができたのです。"

Lindauerstrasse 21
8317 Tagelswangen

+41 44 545 28 50